学校生活
学校生活

海外研修

ニュージーランド海外語学研修⑭

2017. 8/10

 元気いっぱいワクワク心を躍らせながら、2泊3日の少し大きな荷物を抱えてMackenzie Collegeに集合してきました。Dunedin Tripを楽しみにしていた気持ちがいよいよ発散されますね。

DSC00070

 

 9時過ぎにDunedinへ向けて、いざ出発!

DSC00071

 

 途中で所どころ休憩を入れながらの300km以上の道のりになりました。ほぼ中間地点のOmaruで昼休憩を取り少し散策をしました。お昼を食べるのもそこそこに、公園の遊具で大いにはしゃいでいました。日本にはこのような大掛かりな遊具は、町の公園では見られなくなってしまっていますもんね。ターザンやクライミング&滑り台、ホイール(ハムスターがくるくる回るやつ)でわんぱくに遊びました。

DSC00076  DSC09788

 

 町は白い石造りの建物が印象的で、ペンギンのコロニーとしても知られています。趣のある建物を写真に収めたり、お土産屋さんに寄って素敵なアクセサリーや格安のGorillaのぬいぐるみを満足げに手にしていました。

DSC00080

 

 Omaruから少し南下したMoeraki Boulderには、砂浜に何とも珍しい、大きなまん丸の石がごろごろ転がっている風景が広がっていました。なぜこんなに見事に○○とした形の石になって、ここの砂浜にたどり着いているのか、不思議です。亀の甲羅に乗っているかのようです。

IMG_3471

 

 雨が降り出してしまいまいたが、16時前にDunedin Holiday Parkにたどり着きました。ホッとするのも束の間、すぐにスーパーマーケットに食事の買い出しへ向かいました。食事は全て自分たちでこしらえます。

 

 スーパーに行く目的は食材Getのはずでしたが、入店後すぐにお土産&お菓子の品定め会が繰り広げられてしまいました。こうなるだろうと予想はしていましたが、予想以上の勢いで店内を巡り始めてしまいました。肝心の食材は、一緒に引率してくれているMackenzie College校長Mr. ReidとAyaさんが全て集めてくれました。お任せしてしまってすみません。本当は、生徒たちが自分たちで食材集めをするはずだったのです。

 

 生徒たちはスープの素やカップ麺、サーモンまで買い込んでいました。夕飯はちゃんと食べられるのでしょうか。お菓子も袋いっぱいにして、今晩みんなで何かたくらんでいるんですかね。監視の目を光らせましょう。

DSC00093  DSC00094

 

 今晩のメニューは、カレー。定番ですね。9人全員で調理をしました。9人もいれば、あっという間に材料のカットも済み、サラダの仕込みも終えました。そこまでは良かったのですが、火力が弱く、なかなか沸騰せずに余計に時間がかかってしまいました。

DSC00096

 

DSC00100  DSC00099

 

 久々のお米、久々の日本のカレーの味に興奮気味で、お腹ペコペコだったというのもあり、おかわりまでたくさんいただきました。お腹が痛くなるまで食べきり、みんなで片付けまでしっかり綺麗にできました。よく協力してやっていると思います。

 

 さて、これから部屋に戻って明日に備えてぐっすりお休みの時。のはずですが、そうすんなりといかないのかもしれません。さっきスーパーで貯め込んだ品々を囲んで、夜会が繰り広げられるのでしょうか。今さっきあんなにカレーを食べたのに。

 

 楽しむのはいいことです。きちんと体を休めて、ほどほどにね。

 

DSC00108  DSC00107