学校生活
学校生活

テニス部

テニス部 総体予選 速報

2018. 4/26

テニス部の活動を報告致します。

4月15日から東京都高等学校テニス選手権大会が始まりました。

途中経過を報告致します。

(女子)

【日下・小林】

1回戦 BYE

2回戦 6-0

3回戦 6-0

⇒予選4回戦進出

 

【今野・坪田】

1回戦 6-2

2回戦 6-2

3回戦 5-7

⇒予選3回戦敗退

 

【日下陽菜】

1回戦 BYE

2回戦 6-0

3回戦 6-1

⇒予選4回戦進出

 

【小林理沙子】

1回戦 6-3

2回戦 6-0

3回戦 6-0

⇒予選4回戦進出

 

【北村優奈】

1回戦 BYE

2回戦 6-3

3回戦 6-3

⇒予選4回戦進出

 

(男子)

【小林佑輝】

1回戦 w.o.

2回戦 6-2

3回戦 6-3

⇒予選4回戦進出

 

3年生にとって最後の個人戦が始まりました。集大成となる,特別な大会です。

雨天で延期になった試合もありましたが, 日大鶴ヶ丘テニス部からはシングルス4名, ダブルス1組が予選準決勝へと勝ち進むことが出来ました。

 

あるスポーツ選手が勝利後のインタビューでこんなことを言っていました。

「勝つということは, 他の選手の上に立つということ。勝ち上がれば勝ち上がるだけ, 負けた選手の想いも背負って戦う責任が生まれる。」

大会が始まり, 2週間が経ちました。大会を去った選手の中には,まだ来年がある者だけでなく,高校3年間のテニスを終えた者もいます。

試合後に何を感じたのでしょうか。

 

「3年間, 本当に楽しかった!」

「あと1球でも多く返したかった。」

その想いは様々だと思います。

 

勝ち上がっている選手にはライバルたちの想いと責任を心に刻み,さらなる勝利を重ねてほしいと思います。日大鶴ヶ丘テニス部の挑戦は続きます!!

「自分の夢」や「ライバルや仲間の想い」と一緒に挑戦を続けよう!!

 引き続き, 応援を宜しくお願い致します。

⑮