学校生活
学校生活

スキー部

スキー部冬合宿【3日目】

2018. 12/27

12月27日(木)平成30年度 春合宿《湯の丸高原スキー場》

06時30分 体操・ミーティング・ボイス

本日の長野県東御市湯の丸の最高気温は-3℃。昼でも氷点下を上回らない。

加えてスキー場は風を遮るものがないため、更に寒い。ようやく湯の丸らしい寒さがやって来た。

泣きたくなるような寒さの中、誰も不平を言わずに、体操を開始した。

 

スキー部名物・三人組のクローチング。滑走時に最も早いスピードが出る姿勢を身体で覚えるためのトレーニング。

07時00分 朝食

たんぱく質が豊富である。ありがたい。

08時30分~12時00分 午前トレーニング(GS)ブラッシュマーカーによるポールトレーニング

湯の丸スキー場の楢原コーチ、大場コーチに加え、いつもお世話になっている株式会社小賀坂スキー製作所の平野氏、本校スキー部OBの片山氏という豪華メンバーが、本日は指導を担当して下さった。コーチ1人あたり5,6名の生徒を見てもらうことになるが、これほど手の行き届いたスキー部は他には無いはずだ。

コースセッティング完了。

 スキー板・ブーツを新調したお陰か、絶好調のキャプテン3年・立川。

 3年・渡辺。昨年から大きくフォームが改まったとコーチ陣から評価された。

時間が来たら、雪を押し出してコースを元に戻す。

おかたずけ。

 

12時30分 昼食

 

本日の昼食。

ピラフなのか炒飯なのか、誰も気にしないのが本校スキー部の自慢の一つである。

珍しくお替りをするものが多数見られた。

お替りが当たり前の様にカレーになっても、スキー部員は全く動じない。

 

13時30分~16時00分 午後トレーニング(GS)@第3リフト

 ほとんど休憩も取れないまま午後の練習がスタート。

5.6人ずつの班に別れ、フリートレーニングをしながら、フォームを改善した。

16時前になってようやく陽が射してきたものの、今日は一段と寒かった。

本日も練習終了後、リフトが止まるギリギリまで自主トレを重ねる部員が見られた。

 夕闇が迫る中、寒さで首を窄めている。

16時30分 午後トレーニング終了

17時00分 コンディショントレーニング

18時00分 夕食

ボリュームも味も満点。ちなみに汁物には、肉団子でたんぱく質を補強してくれている。

寒さに負けないパワーが沸きそうな夕食だ。

 

18時45分~19時45分 ミーティング

OB片山氏から、トレーニングの心構えやコントレについてご指導を頂いた。

全国・関東予選はもう来週だ。

 

21時00分~22時00分 入浴・スキー板のチューンナップ

22時30分 消灯・就寝

 

明日は寒波の襲来が予想される。

頑張れ!生徒達。