学校生活
学校生活

海外研修

オーストラリア海外語学研修㉑

2016. 8/14

 10時過ぎに、1人、2人とHost Familyに連れられてGLCにやってきました。今まで仲良くしてくれたペットの犬まで、まさに家族総出でのお見送りとなりました。10時15分頃、8家族全てが揃いました。

DSC09492

 

 本当にお別れの時です。何度も何度もhugをもらい、何度も何度も涙を拭ってくれました。最後の最後まで、家族は優しく、いつまでも肩を抱いて微笑んでくれていました。

DSC09524

 

 

 もう1つの寂しいお別れが、お世話になったコーディネーターのYoshikoさん。Brisbaneに到着した7月25日から今日まで3週間、毎日ずっとそばにいてくれて、何かあればすぐに助けてくれました。

DSC09264

 

 短い時間でしたが、生徒たちはYoshikoさんが大好きで、心から信頼しています。悩みやHome Stayで困ったことがあれば、どんなことでも話を聞いてくれて、生徒の心の拠り所になってなってくれました。この3週間健康で、有意義にこなせたのも、Yoshikoさんのおかげです。

DSC09496

 

 

 もう少しだけこの時間をBuddyとHost Familyと一緒にいたいという気持ちが膨れ上がっていたと思いますが、自分たちの足で、しっかりとバスへの歩みを取ってくれました。

DSC09497

 

 見送るバスを、見えなくなるまで手を振り続けていました。

DSC09525

 

 

 

 その後は、半日Brisbane Cityの自主研修となりました。みんなで最後のお買い物を楽しんだようです。両手に袋いっぱいに、クタクタに帰ってきました。

DSC09510  DSC09526

 

 

 夕食は全員でホテルのレストランで。肉厚のAussie Beef Steakをいただきました。思い出話や色々な話をして、このまま夜を越えて、いつまでもしゃべり続けてしまいそうでした。

DSC09533

 

 まとまりのある、良いグループです。

DSC09532

 

 

 

 みんな、いよいよ帰るんだなぁという感じです。総じてあまり帰りたいという思いはない(?)ようですが、お家のご飯は恋しくなっているようです。明日はどんな食事が待っているんでしょうね。

 

 

 帰る場所があることの幸せを感じ、また今までとは違った感覚で、日本の家族と再会できると思います。

 

 居心地の良さに驚くことでしょう。当たり前に与えられる愛情の有難味を知ることになるでしょう。そして今まで以上に、その当たり前に感謝できるようになっていると思います。

 

 

 

 明日、帰国の途に就きます。