学校生活
学校生活

海外研修

2019 New Zealand 海外研修 ⑮

2019. 8/14

 

 光が操り映し出す、彩りに満ちた朝に迎えられるのも、もうあと数日となりました。

 

 

 朝の訪れを、その美しさを、私たちはどれほど特別なものに感じているのか、こちらをお読みください。

 

 

 生徒の日記からです。小説の序章のようですよね。これからどんな世界が描かれるのか。ほんの何てことのない1つひとつが、私たちの心にそれぞれの物語を語らせます。目に映る全てが、心の琴線に触れます。

 

 朝陽が照らす中、いつものように11人が登校してきました。校内を移動する姿も、さまになってきましたね。もう、戸惑うこともありません。

 

 

 

 

Period 1  ~  4      Buddy's class

 

 今日の午前中は、Buddyと過ごしました。

 

 2時間連続のPEでは、ひたすらclimbing。何度も挑戦さてもらっているので、飽きがないとは言えませんが、体育の授業を受けに来たのではなく、語学を学びに来ているのでね。何をするかではなく、積極的に英語に触れるために飛び込んで、challengeして欲しいものです。気持ちは分かりますけどね。

 

(Ami総監督の下、Sumitoヘッドコーチ、Yukine&ChihanaコーチがHozumiに指示を与えています)

 

 

 Informationの授業は、Mackenzie Collegeの生徒たちは映像編集をしていました。自分たちオリジナルのMusic Videoを撮影編集したり、Musicに合わせて自分たちの"口パク"映像を撮影編集したりと、とてもレベルの高い内容です。ソフトウェアの使い方も、やり方などの説明も一切ありません。『やってみないと覚えない。失敗するから学んでいく。』との先生の考えがあり、生徒たちそれぞれにchallengeさせているようです。素晴らしい。

 

 

 

 Mathの教室の前には、このようなものが掲示されています。一番上に『数学の授業で、こんなことができるようになるよ。』

 

 

 確かに。

 

 他にも、『数学は、愛を"足したり"、憎しみを"引いたり"するやり方を教えてはくれないが、数学は全ての問題には解決策があるんだと、信じるための理由をもたらしてくれる。』

 

 ほう、洒落てますね。深い。

 

 

 Period 5      Wednesday Sports

 

 先週に引き続き、水曜5時間目は自分の選択したスポーツをします。

 Basketball, Soccer, Table Tennis, and Squashに参加しました。

 

 

 この身長差の対決、ズルくないですか?

 

 天然芝のSoccer Field、なんて贅沢なのでしょう。なのにサッカーボールはペコペコ。こだわり過ぎないことろが、平穏をもたらします。

 

 空振りしたっていいじゃん、お見合いしたっていいじゃん、得点もチームも気にせず、楽しさ優先でTable Tennis。ずっと笑っていましたね。そんなhappyな場所には光の天使が舞い降りました。

 

 

 学年関係なく全員が一緒に混ざってやっています。年上も年下も、男子も女子も、そんなのお構いなく余計な手加減なしです。その方が、もしかしたら自然なのかもしれません。良し悪しはあるとは思いますが、categorizeしないequalityって素晴らしいなと、考えさせられました。

 

 天気も良く、外も陽が出ているので暖かく、まさにスポーツ日和でした。みんなジャージのままschool busで帰宅しました。

 

 

 

 

 Host Family・Mackenzie Collegeでの生活も残すところあと2日。綺麗な形で締めくくれるよう、それぞれに想いを噛み締めて過ごして欲しいと思います。思い残すことがないように。

 


 ただ、満足するというのはきっとないのだと思います。手にすれば手にするほど、もっともっと欲しがるものだから。それでも自分自身を褒めてあげられるように、過去の自分によくやったと言ってあげられるように、残された時間を大切にして欲しいと思います。置き忘れた後悔はもう、取り戻すことはできないから。