学校生活
学校生活

鶴ヶ丘の授業

本校を卒業した教育実習生を紹介 第2回

2019. 6/10

本校では5月23日(木)から教育実習が行われています。

教育実習生として戻ってきた卒業生の生の声を紹介していきます。

 

今回は地歴担当 遠藤先生です。

 

遠藤先生にインタビューしました。

Q 大学での専門はなんですか?

A 私は地理学を専門にしています。地理学は地球上で起きている問題を「自然と人間とのかかわり」に着目し,他の学問分野も関連させ,現地調査やGIS(地理情報システム)を通して解決し学んでいます。

 

Q 実習生として授業の準備や,実際に授業をするときにどんな工夫をされていますか。

A 日本史Aは1年生全員が学ぶ科目のため,日本史が好きな生徒もいれば,好きではない生徒もいます。好きではない生徒にも日本史がおもしろいと思ってもらえるように用語に関連したエピソードを話すなど工夫しています。

 

Q 改めて鶴高で毎日を過ごしていて,どんなことを感じていますか。

A 鶴高生はとても意欲的で授業や部活動,委員会など全力で取り組んでいると感じています。そして,生徒や先生方のみならず,来校した方にも挨拶をするので,とても心地よい学校であると改めて思いました。

 

卒業して数年しかたっていませんが,大きく成長して戻ってきた印象を受けました。

これからの更なる活躍を陰ながら応援します。

 

鶴高の教員の授業紹介もこちらからご覧いただけます。