学校生活
学校生活

鶴ヶ丘の授業

鶴ヶ丘の授業 第7回

2019. 1/24

生徒が毎日受けている授業の生の声を紹介していきます。

第7回目は数学担当 寺島先生です。

 

 

寺島先生にインタビューをしました。

 

Q 科目の面白さは何ですか?
A 数学は正しい過程をたどれば正しい解を得られます。その過程の部分に生徒一人ずつの個性が表れるのが面白いです。


Q 授業の準備や,実際に授業をするときにどんな工夫をされていますか。
A 数学を苦手とする生徒は多いので,言葉選びに気を付けています。一人でも多くの生徒に伝わるように対話を意識して授業を行っています。


Q 中学生に一言お願いします。
A 鶴ヶ丘の先生は丁寧に指導してくれます。ぜひ一緒に学びあいましょう!

 

授業を受けている1学年普通コースの森くんにも話を聞いてみました。


Q 寺島先生の印象を聞かせてください。
A 常に優しく,生徒思いな先生です。授業内では内容の解説を分かりやすく,丁寧に教えてもらっています。分からないところがあれば,基本からしっかり教えてくれます。


Q 今は授業で何を勉強していますか?
A 今は「データの分析」をやっています。この単元では難しい用語や計算が多いですが,中学校までで勉強したことも出てくるので,それが分かっていれば応用することができます。


Q 今まで授業で「なるほど~」と思ったことは何ですか?
A テストの点数が悪かった際に,私がやっている野球に例えて,思いっ切りやることが大切だとおっしゃっていました。なるほど,と感じました。


Q 中学生に一言お願いします。
A 高校では新しいことをやっている,と思わない方がいいです。特に数学は,中学校までに積み重ねてきたものを応用することが大切です。不安な範囲を復習しておけばスタートダッシュを切ることができます。

 

いかがでしたか。鶴ヶ丘高校の普段の授業の様子が少しでも分かってもらえると嬉しいです。

過去の記事はこちらからご覧いただけます。