学校生活
学校生活

鶴ヶ丘の授業

鶴ヶ丘の授業を紹介 第4回

2018. 9/13

生徒が毎日受けている授業の生の声を紹介していきます。

第4回目は家庭担当 伊勢川先生です。

 

 

伊勢川先生にインタビューをしました。

Q 科目の面白さは何ですか?

A 学んだ事が日々の生活に生かせる事です。「生きる力」を目標にしているので,授業で学んだ事は必ず生活に活用でき,少しずつ自立できます。

 

Q 授業の準備や,実際に授業をするときにどんな工夫をしていますか。

A 日常生活に着目できるような授業展開を心掛けています。生徒が楽しみにしている調理実習もモニターを使うなど,家で実践したくなるような内容にしています。

 

Q 中学生に一言お願いします。

A 高校生らしい自立ができるよう,鶴高の恵まれた施設で「生きる力」を身につけましょう!

 

 

 

授業を受けている2学年普通コース竹田さんにも話を聞いてみました。

Q 伊勢川先生の印象を聞かせてください。

A 時に優しく時に厳しくとても生徒思いの先生です。伊勢川先生の授業は分かりやすくいつも楽しいです。

 

Q 今は授業で何をしていますか。

A 調理実習で秋刀魚,しめじご飯,わらび餅を作りました。一人一尾の秋刀魚をおろし,きれいに食べるのがとても難しかったです。同じ班の人と一緒に調理を楽しんでできたので,作ったご飯がよりおいしく感じました。

 

Q 今まで授業で「新しく体験したこと」と「感想」を聞かせてください。

A 中学とは違って,将来自分が使うであろう知識を得られる私にとって新しい授業ができています。それによって「生きる力」が少しずつ身に付いていると感じます。これからも未来の自分のために勉強していきたいです。

 

Q 中学生に一言お願いします。

A 私たちの学校には生徒一人一人と真剣に向き合ってくれるたくさんの優しい先生がいます。中学から勉強はレベルアップするけれど,鶴高の先生と私たちと一緒に頑張って乗り越えていきませんか?

 

 

いかがでしたか。鶴ヶ丘高校の普段の授業の様子が少しでも分かってもらえると嬉しいです。

過去の記事はこちらからご覧いただけます。