学校生活
学校生活

鶴ヶ丘の授業

鶴ヶ丘の授業を紹介 第9回

2019. 11/24

生徒が毎日受けている授業の生の声を紹介していきます。

第9回は英語担当 冨田先生です。

 

冨田先生にインタビューをしました。

 

Q 科目の面白さは何ですか?

A 「言語」は暗記教科ではなく,理解するべき教科です。生徒たちが「だからそうなのか!」とハッとした表情をしてくれると,英語の面白さを伝えることができたかなと感じます。生徒の表情を見ていると,教科の面白さはそんな発見にあると思います。

 

Q 授業の準備や,実際に授業をするときにどんな工夫をされていますか。

A 50分という限られた時間を最大限に活用するために,生徒には常に「何をするべきか」を明確に伝えています。生徒も一生懸命取り組んでくれるので,生徒からは「時間が過ぎるのがあっという間に感じる。」と言ってもらえています。嬉しい限りです。

 

Q 中学生に一言お願いします。

A 英語は世界中のどんな人でも話せる共通言語です!それは,努力をすれば誰でも話せるようになれるということです。自分の力を信じて,一緒に世界に飛び出す準備をしましょう!

 

授業を受けている2学年特進コース山中くんにも話を聞いてみました。

 

Q 冨田先生の印象を聞かせてください。

A 生徒思いの熱血教師

 

Q 今は授業で何を勉強していますか?

A 長文をどう読んでいくか(段落ごとの読み方や文全体の流れ,筆者の主張など)

 

Q 今まで授業で「なるほど~」と思ったことは何ですか?

A 英単語の語源や前置詞のイメージのしかた

 

Q 中学生に一言お願いします。

A 高校英語は難しい!!中学からの基礎を大切に!!

 

 

いかがでしたか。鶴ヶ丘高校にはいろいろな先生がいて,普段の授業の様子が少しでも分かってもらえると嬉しいです。

過去の記事はこちらからご覧いただけます。