お知らせ

「高校生自らがSNS等に起因する事犯の被害を減らすために考えるワークショップ」参加!

2018. 10/17

 平成30年10月14日(日)LINE株式会社 JRミライナタワー23階のカフェスペースで「青少年ネット利用環境整備協議会」主催のワークショップが開催されました。遠くは山口県,長野県,群馬県からも多くの高校生が参加しており,本校からは1学年女子1名が参加しました。

 

 午前中は,内閣府・警察庁・文部科学省・総務省・Twitter Japan株式会社・株式会社DeNAの方々から青少年のSNSに起因するトラブルの現状とその対策等について10分程度ずつの講演。その後は班ごとにお弁当とお茶で昼休みをとり,午後はワークショップとなり,各班で標語を作って模造紙1枚のポスターにまとめて発表することが目標でした。

 

 各班には,パソコン1台,タブレット2台が貸与され,情報検索は自由に行える環境が用意されました。また,アドバイスを求めてよい大人は5名のみで,大人から示唆を与えてもらえないルールの中,様々の学年の生徒達がお互いに意見を交換したり,情報を集めたりしながら熱心に取り組んでいました。

 

 完成後はそれぞれの班でポスターを使いながらプレゼンテーションが行われました。参加していた各高校の先生方や一般のオーディエンスの大人,そして違う班の生徒同士が各班を巡り,それぞれのプレゼンテーションに耳を傾けました。どの班もその主張がしっかり表現されており,素晴らしい内容のプレゼンテーションが繰り広げられていました。