お知らせ

新型コロナウイルスの対応について

2020. 2/20

<本校における新型コロナウイルスヘの対応について>

 

中国武漢市を中心として感染が拡大している新型コロナウイルスによる感染症が,指定感染症となりました。

国の感染拡大防止方針に基づく本校の安全管理対策は以下のとおりです。

 

1.風邪の症状や37.5度程度の発熱がある場合には,登校を見合わせ,医師の診断を受ける。

 

2.新型コロナウイルスやインフルエンザ等の感染症の確定診断が出なくても,受診した日は出席停止扱いとする(欠席日数には加算しない)。翌日以降も症状が解消せず,かつ,解熱もしない場合は登校を見合わせ,その間は継続して出席停止扱いとする。

 

3.37.5度以上の発熱が4日以上続く場合は,最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」に問い合わせる。

 

4.この措置は,3学期終了の令和2年3月19日まで適用する(状況に応じて延長することもあり)。

 

<関連ホームページ>

〇厚生労働省ホームページ 

https://www.mhlw.go.jp/index.html

 

〇帰国者・接触者相談センター

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

〇国立感染症研究所ホームページ 

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html