学校生活
学校生活

スキー部

全国大会【新潟県・妙高高原】日誌②

2020. 2/1

令和2年2月1日(土)

妙高市の天候 曇り時々晴れ

妙高市の最高気温3℃,最低気温ー7℃

 

 

《本日のタイムテーブル》

6時30分 体操

7時00分 朝食

豆乳から豆腐を作り食す。いと旨し。

 

8時30分 宿出発

9時15分 フリー練習開始

4日から始まるアルペン競技ジャイアントスラロームのスタートエリアの設営のサポートをしているのは陸上自衛隊高田駐屯地,第2普通科連隊30名の皆さん。様々な人に支えられて大会が成り立っている。

 

大会コースには入れないが設営中のスタートエリアをバックに選手のあお君とサポートのきい君。

 

ゴールエリアでポーズを決める選手のあおくんとサポートのきいくん。

 

 

これは大会会場から4キロほど下ったところにある,大会本部が設置されている「妙高高原メッセ」

 

18時00分 夕食

ボリュームたっぷりな夕食。

妙高高原って長野県との県境に近いせいか,りんごがおいしい。

米がおいしいのは言うまでもないが・・・。

 

19時15分 ミーティング

21時00分 チューンナップ&入浴終了

22時30分 消灯・就寝

 

 本校3年生は今日は学校で学年末試験(卒業前試験)を受けている。スキー部の3年生は当然,今日は受けられないので帰京してから受験することになる。鶴高の部活に例外はない。鶴高の部活はスキー部に限らず文武両道がモットーである。

 明日は午前中にコースオープンがされる。男子ジャイアントスラローム,女子ジャイアントスラローム,男子スラローム,女子スラロームの順番で大会コースをゼッケン順にフリー滑走する。雪不足のため,1回しか滑ることができない。リフトも7時から動き出すので,慌ただしい朝が続くことになる。