学校生活
学校生活

テニス部

テニス部 女子 東京都 第3位 関東大会出場!

2022. 6/7

テニス部の活動を報告いたします。


1R~4R シードのため免除
5R vs 調布北 3-0〇
6R vs 松が谷 2-0〇
準々決勝 vs 富士見 2-0〇
準決勝 vs 早稲田実業 0-2×
3 位決定戦 vs 成蹊 2-1〇

東京都第3位となりました!その結果、関東大会出場が決定しました!!
選手のみなさん、本当におめでとうございます。
そして、応援してくださった方々、保護者の皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。


▼ 今野真優 選手(3年) コメント
「まずは応援して下さったみなさん本当にありがとうございました。今回、私は選手には選ばれなかったものの部長として 3 年として誰よりも勝ち上がりたいという思いは強かったです。だから後輩がその気持ちの分まで試合で頑張ってくれている姿が本当に嬉しく、勝ち
進む度にまだこのチームで戦いたいという気持ちが強まりました。ありがとう。試合に出る選手も出ない選手もマネージャーも先生方も全員が勝つために支え合ってきました。仲間のために頑張れるチームだからこそ掴み取れた関東大会だと思っています。関東大会でもチーム一丸となり鶴高らしく頑張りますので応援よろしくお願いします。」


▼ 荒川里音 選手(2年) コメント
「今回の団体戦で東京都第3位になり関東大会に出場することができて、とても嬉しいです。しかし、インターハイ決めで負けてしまい出場を逃したことはとても悔しいです。今回の団体戦では『チーム力』を感じました。勿論、試合でプレーをした 5 人では一致団結をして戦うことができたのですが、試合でプレーしていない人たちともみんなで掴んだ関東大会だと思います。練習中に励ましてくれたり、声をかけてくれたり、アドバイスをしてくれたり、本当に支えてもらいました。そのため、私はチーム全員に感謝したいです。また、周りで沢山の人にサポートしてもらってこの部活があるので周りの人へも感謝したいです。関東大会では、その感謝の気持ちとインターハイに出場できなかった悔しさをバネにチーム全員で勝ちに行きたいと思います。」


▼ 河野文音 選手(2年) コメント
「私たちは今回の予選で関東大会出場を決めることが出来ました。苦しい瞬間が多くありましたが,支えあって乗り越えることが出来ましたと思います。みんなが試合している姿をみて,多くの刺激をもらうことができました。その結果、チームの絆が深まった大会になりました。応援してくださった皆様,本当にありがとうございました。関東大会もチームみんなで勝ちにいきます。引き続き応援よろしくお願いします。」


▼ 佐藤弘夏 選手(1年) コメント
「コロナ禍にも関わらず大会を主催して下さった主催者の方々、並びに関係者の方々、ありがとうございました。今大会は私にとって初めての団体戦でした。試合はとても緊張しましたが、『みんなの為に頑張る』という個人戦とは少し違う気持ちを持ち、最後まで楽しんで
やり切ることができました。その上で結果を残せたことは自信になったと思います。今回、ここまで『楽しかった』、『やりきった』と思えたのは、チームメイト、顧問の先生方をはじめ、応援してくださる皆さんのおかげだと思います。インターハイに行けなかったことはとても悔しいので、来年こそはインターハイを目指すと共に、今後の大会でもいい結果を残せるように頑張ります。」


▼ 渡辺ほなみ 選手(1年) コメント
「大会を主催してくださった方々、関係者の方々、応援してくださった方々、ありがとうございました。私は、ダブルスで試合に出させてもらいましたが、悔しさが残る大会となりました。初めての団体戦だったけど、思い切ってプレーできたので楽しかったです。これからも精進していきますので、応援よろしくお願いします。」


▼ 生田華美 選手(1年) コメント
「まず、コロナ禍にも関わらず今大会を開催していただきありがとうございます。順調に勝ち進み、次勝てばインターハイ出場というところで敗れました。あと一歩という、この一歩の大きさを実感しました。しかし、関東大会出場を決め、一つ目標を達成することができま
した。3 位決定戦では 1 対 1 で私の勝ち負けが順位を決める戦いとなりました。勝ちたい、応援に応えたいという強い気持ちだけでこんなにも緊張するんだと思いました。ラリーも長く、なかなか簡単にはポイントが取れず苦しい試合でした。勝利が決まった時、緊張のほ
ぐれとほっとした気持ちで勝手に涙が出ました。勝った試合で泣いたのは今までで初めてでした。今回、初めての団体戦で『これが高校の団体戦か』と個人戦とは全く違う気持ちを味わうことができました。チームの一員として大きな結果を残せたことはとても嬉しいで
す。今大会にあたって支えてくださった冨田先生を始めとする顧問の先生方、小林さん、鈴木さん、そしていつも一番近くで応援してくれている両親にはとても感謝してます。これからも応援よろしくお願いします!」

テニス部の公式Twitterもぜひご覧ください!

テニス部公式Twitter