学校生活
学校生活

料理部

料理部 活動報告(鯖の味噌煮,胡麻和え,味噌汁)

2020. 8/31

8月17日

 
夏休みの短期集中活動の最終日は,日ごろなかなか取り扱うことがない魚料理に挑戦してみました。
料理部に入る前は,精肉を触るのも最初は抵抗がある部員がほとんどですが,調理の回数を重ねるごとに次第に慣れていきます。
しかし,今回は生の切り身💦
切り身の表面に「✕」の切り込みを入れればいいのはわかるのですが,なぜ切り込みがいるのか…。力加減はどうなのか…。
 
また,これから煮込むのに,なぜ,湯をかけなくてはいけないのか…。
予想通り魚を触る以外にも色々抵抗があるようでした。
 
魚は長い時間煮込むと身が固くなってしまうので,煮込む時間を短くし,また,味をしみ込みやすくするために表面に切り込みを入れます。
 
湯をかける理由は,魚についている脂を落とすためと,煮汁で端が丸くなってしまわないようにするためです。
なかなか取り扱うことがないとわからないことだらけですね。
 
ぎこちないながらも,どうにか鯖の味噌煮を完成させることができました!!
 
鯖の味噌煮の付け合わせに味噌汁を作りましたが,これは,味噌じゃない方がよかったかもしれません…
 
でも,だしを取るのに,鰹節を粉末にしてそのままいただきました。粉末にすることで無駄をなくすことができました。
 
味噌汁の具材には,油揚げを使って,油抜きという下処理も学びました。
インゲンの胡麻和えではすじを取る下処理も学び,今回の調理は下処理の大切さを学びました。
味噌煮も味噌汁も,8/13に作った味噌がこの日の調理で使えたらよかったな…というのが反省です。