学校生活
学校生活

スキー部

関東高校スキー大会【1日目】

2020. 1/29

令和2年1月26日(日)

 本年度も、保護者や桜縁会など様々な方々のご協力、ご支援のもとスキー部は関東大会に出場できることとなりました。先ずは厚く御礼を申し上げます。最善を尽くして健闘して参ります。

《本日のタイムテーブル》

 今週は東京にも寒波が襲来する予報だが、関東大会が開催される尾瀬は、寒波など来なくても寒い。雨が降っていたものの、比較的温かい一日だったが、赤城高原SAに降りた途端、気候の違いを感じた。

 関東大会の拠点は今年も「ペンションゆきみち」 今年もお世話になります。

 突然ですが、スキー部クーイズ!

 Q 宿からスキー場への道は坂が急で、雪が降ると大変危険である。あまりに急すぎて、この坂の上から落ちてくるモノといえば、一体なんでしょう?

A お近くのスキー部員に聞いてみてください。

12時10分 スノーパーク尾瀬戸倉到着

スノーパーク尾瀬戸倉は広く、多様な急斜面やハーフパイプ、ジャンプ台も楽しめる。

【関東大会の良い所】 スキー場が広くて楽しい。

ダイナミックコース(通称:戸倉の壁)では、関東ユースの大会が開催されていた。レストハウスでは、先週の推薦入試で合格し、来年度から入学予定の選手に偶然にも出逢った。スキー場は広いが、世の中は狭いものである。

今年も現れた「戸倉の壁」

上から見た「戸倉の壁」。下が見えない。

選手達は、この壁を全速力で降りていく。ポールを避けながら。

今年は人工雪を固めたためか、例年以上に固かった。

15時15分 フリートレーニング終了

15時30分 ペンションゆきみち到着

今年は男子が洋室、女子が和室×2を使用。

17時45分 コンディション・トレーニング

今年から、ミーティングルームを借りることに。宿のご好意を、1分でも無駄にしてはならない。

18時00分 夕食

今年も多品目×高たんぱく質な夕食。蓋のある器を見ると、玉子かな?と思ってしまう。

都会のスーパーで買う野菜と違い、素材の味が感じられる。お味噌汁には刻んだ昆布も入っており、ミネラルも豊富である。

【関東大会の良い所】ご飯がおいしい。

18時30分 ミーティング

終わると各自、チューンナップなどを自分で行う。

【関東大会の良い所】ワックスルームが広い。

運が良いとココを独占できる。混んでて作業ができないという事態はまず起こらない。

半地下にあるので、建物から出ずに移動できる点も◎!

22時00分 チューンナップ,入浴終了

22時30分 消灯,就寝